HOME > マレーシア留学の勧め

マレーシア留学の勧め

マレーシアは1787年から約170年間英国の植民地で、1957年に独立しましたが今でも英連邦国家です。また多民族、多言語国家でもあります。日常生活でマレー語(インドネシア語とほぼ同一)、英語、中国語、タミール語等が飛び交っており、テレビも4カ国語放送です。マレーシアで子供を育てた場合、国際感覚豊かで多言語を操る人間に育てる事が可能です。 その歴史的、民族的背景からマレーシアはアジアで教育のハブ国家になって来ており、日本人を含めて多くの外国人留学生がマレーシアのインター校、大学等で学ぶ様になっています。欧米の名門大学も多数マレーシアにキャンパスを持つまでになっています。

弊社は以下の様な理由で、マレーシア留学をお勧めします!
  1. 沢山のインター校があり学費も割安で、現地生活費も割安なので、コストパーフォーマンスの良い留学生活が可能です。マルボロ、ラッフル等の世界的に知られた名門校もあります。英語の幼稚園も沢山あり何時でも入学が可能です。
  2. マレーシア国内で広く英語が話されており、英語学校も沢山あり、日常生活の中でも英語が身に付きます。
  3. マレーシアでは英語以外に中国語やマレー語(インドネシア語とほぼ同一)を学べます。
  4. 色々な民族や外国人生徒も多く、学校生活で多民族の人とコミュニケーションが取れ、国際的な友人が出来る様になります。特にアジアの新興国の友人や人脈を作る事が出来ます。
  5. 教育制度が英国式に出来ている事もあり、マレーシアから欧米の大学に進学するスムースなルートが確立しています。マレーシアの大学の多くが欧米大学の分校になっており、最初の1〜3年をマレーシアで勉強し、最後の1〜3年を欧米の本校で学び、欧米大学の学位取得も可能です。また日本の大学に帰国子女で戻る事も可能です。
  6. 親日的な国で、当初英語が弱い日本人学生を積極的に受入れてくれる学校もあります。全寮制の学校もあり、親が同行出来ない場合子供だけの留学も可能です。
  7. マレーシアには立派な日本人学校もあり、インター校に入る前、中学頃まで現地日本人学校を活用する方法もあります。
マレーシア留学に関する弊社のワンストップ サービス:
  1. お客様の状況、希望、予算に応じてインター校を紹介し入学をサポートします。
  2. インター校現地視察以外に、周辺環境を案内し、適切な住居を紹介します。
  3. 留学に関係する子供と親のビザ(MM2H、学生、保護者ビザ)取得をアドバイス、サポート致します。現地移住後も生活のサポートを提供出来ます。
  4. 現地移住後も生活のサポートを提供出来ます。
  5. クアラルンプール以外にジョホール、ペナンにもオフィスがあり、それぞれ長く現地に住む日本人スタッフがおり、三都市で留学のサポートを提供出来ます。また東京にもオフィスがあり、当初は東京でご相談に対応出来ます。
弊社の特徴(他社と違う点)は以下の通りです
  1. 弊社社長が5人の子供をマレーシアで育てた実体験があります
  2. 弊社スタッフで現地で子育てしている日本人もいます
  3. マレーシア留学の良い点だけでなく注意点も、更にマレーシア留学後の進路に関してもアドバイス致します
  4. 単に留学先の紹介だけでなく、住居探し、ビザ申請、生活サポートまでワンストップでサポートします
  5. マレーシアに三都市(クアラルンプール、ジョホール、ペナン)オフィスがあり、東京にも直営オフィス(提携オフィスで無く)があり、東京と現地と一体化してご相談に対応致します。

弊社代表の石原は、日本で「日本脱出先候補国No.1 マレーシア、筑摩書房」を出版しており、その中でマレーシアの子育ての体験を詳しく書いておりますので、ご関心のある方は是非お読み下さい。Amazon.co.jpで購入が出来ます。